看護師がヘタクソな絵日記やマンガを描いたり、愚痴ったり…。

プロフィール 

ぬま×ぬま

Author:ぬま×ぬま
性別:女
血液型:B型
元看護師。
現在ニート。

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ポチっとな 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ 人気ブログランキングへ

最新記事 

カテゴリ 

検索フォーム 

最新トラックバック 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

2014北海道旅行記 登別温泉編その2

登別温泉の観光スポットといえば、

「地獄谷」

登別温泉で使用される温泉の約3/4の源泉地で、
日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡。
地獄のように地の底から水蒸気やら火山ガスやら
噴出しているとな。
11/30までと、もう終了してしまいましたが、

「鬼火の路、幻想と神秘の谷」

と、何やら大げさすぎる名で
地獄谷のライトアップが開催されていました。

とりあえず、光のある方に進めばいいだろう。
と歩いていたはずが、
どんどん暗闇へ向かう私たち。
もはや人っ子1人いなくなってから、
気づいた。

なぜだ?

地獄谷へ向かって歩いていたはずなのに。
☆★道に迷った★☆
満天の星だけが唯一の心の救いですよ。
友人は流れ星を見ました。

戻って、再度ナビで確認。

今度は無事到着。
温泉街をただ北に行けばいいだけでしたw
2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷看板

2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷

2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷2

2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷3
私の写真技術が拙いだけで、
本物は結構な迫力なんですよ?

2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷看板2
暗い、暗すぎる!!
20:30ころです。

これが鬼火の路だと思う。
2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷 遊歩道
思い返せば、温泉街からこの足元ランプ
あったわ。

これは私の友人です。
2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷 遊歩道2
決して地獄の使者とか、
そういうのじゃないから・・・怪しげだけど。
浴衣に防寒ってこういう事よ♪

幻想的。
2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷 遊歩道3
マジ神秘。
遊歩道の木の板は滑るから注意して
歩いてくださいね。

グラグラしてますね。
2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷5
そろそろ身体が冷えてきました。
戻りましょう。
2014北海道旅行:登別温泉 地獄谷4

地獄谷に行く途中に居る鬼たち。
2014北海道旅行:登別温泉 鬼祠  念仏鬼像
江戸時代から伝わるという「念仏鬼像」を祀った祠。

温泉街へホテホテ戻り、
おみやげを買う。
2014北海道旅行:登別温泉 温泉街
そこでの出来事。
店主が私たちが日本人だと分かった途端、
堰を切ったように中国人観光客のグチを
ぶちまけてきた。

勝手に商品を開けて食べて、その商品を
棚に戻す。
店の中でソフトクリームをボタボタ床に落とす。


とかね。
観光客が増えるのはいいが、
日本人観光客が少なくなって、
マナーが悪い中国人ばかりというのが
解せぬ的な感じでした。
客商売は大変だなぁ。
とりあえず、慰めておきました。
がんばれ、おじさん!!

最後に鬼灯の作者、
江口夏美先生のサインを。
2014北海道旅行:登別温泉 江口夏美サイン
こういうガラスへのサインって
格好いいですね。

つづく。
スポンサーサイト
2014/12/15 22:05|日記:旅行TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jinnseihakaeru.blog97.fc2.com/tb.php/1072-63b49075

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 

最新コメント 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。