看護師がヘタクソな絵日記やマンガを描いたり、愚痴ったり…。

プロフィール 

ぬま×ぬま

Author:ぬま×ぬま
性別:女
血液型:B型
元看護師。
現在ニート。

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ポチっとな 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ 人気ブログランキングへ

最新記事 

カテゴリ 

検索フォーム 

最新トラックバック 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

何を今さら

とある女性患者様Aとの会話。

私「おはよーございまーす」

A「おはよう。ねぇ、私どうすればいい?」

私「何が?」

A「私、足が短いんだけどどうすればいい?」

私「日本人だから足が短いのは仕様がないですよ」

A「でも、足長くなりたいのよ」

私「いや、Aさん、もう8●才でしょ?無理ですよ」

A「やっぱ年とるともうダメかしらー」

私「ダメだと思う。ってか今まで悩んでたの?」

A「うん」

何年悩んでるんだよ・・・
正直、そんなん知らねぇよ。
スポンサーサイト
2013/04/22 23:36|日記:黒い看護師TB:0CM:3
コメント
この間、手術で入院して来ましたよっと(’’
結局のところ、どうにも地元の総合病院の診断に納得が出来ず(主治医が変わって5年間薬飲んでおけば治ると言われ続けた)、無理やり渋々B衛医大への紹介状を書かせて行きました。
問診した結果が、どうにもヘルニアの症状ではないと言われ、精密検査をし直しましょうと言われた。
が、施設が空いていないから、T岡第○病院へ行って下さいと紹介状を渡されてそちらに。
其処でもヘルニアじゃないから施設も空けてあるので、直ぐ精密検査しましょうって事で精密検査をした結果、頚椎後縦靭帯骨化症って特定疾患(所謂難病)でした~、、、(^-^;

手術は成功し、入院期間はキッチリ2週間の予定通りの退院で、現在日常生活でリハビリ中です。

入院して、看護婦さんって想像していた以上に、大変な仕事だなぁって、つくづく感じました。
手術当日は暑くて汗が止まらないだの腰が痛いだの喉が渇いただのそんな我儘で、1時間おきに申し訳ないと思いつつナースコールを押したけれど、嫌な顔を一つせずに、一晩中笑顔で懸命に看護してくれて、ホント助かりました。

苦しい時の笑顔って、ホント癒されるなぁって思いました。

これからも色々と大変だろうけれど、沼さんも頑張って下さい!
長々と、失礼致しました。


とあるネタな人 #-|2013/04/23(火) 10:48 [ 編集 ]
お久しぶりです!!
手術成功おめでとうございます。
良い主治医に出会えて良かったですね。

セカンド・オピニオンって本当に重要ですよ、
色々病院を回ることになるので医者や看護師の嫌な顔も見たことでしょう。
でも、自分と同じ考え持つ医者、それを尊重してくれる医者に
出会うためには苦労が必要という患者様の残念な宿命です・・・

何だかんだで、何年も痛みを我慢するより持病がない若いうちに
手術できて良かったですね。
下手に薬などで痛みを緩和していて、
その内に「手術は出来ません、手遅れです」よかマシです。
ウチの新しくきた先生が
「いつ(手術)するの?今でしょ!!」
って患者様に説明していましたが、そういうことですw

リハビリ大変でしょうが、無理のないよう頑張ってください。
コメントありがとうございました。
ぬま×ぬま #-|2013/04/24(水) 00:15 [ 編集 ]
> 手術成功おめでとうございます。
> 良い主治医に出会えて良かったですね。

有難う御座います!
両手の痺れも握力の低下も指先をゴム手袋の上から触っている様な感覚からも、麻酔覚め
た直後からスッカリ消えており、歩行障害からも解消されましたw


> 色々病院を回ることになるので医者や看護師の嫌な顔も見たことでしょう。

看護師さんはそうでも無かったですが、紹介状を書いて欲しい旨を伝えた時の、あの医者
の投げやりの態度と、不貞腐れた様な態度は、生涯忘れないと思います。
B衛医大の方は、折角頼って来たのに、施設の空きがないばかりに、此処で解消してあげ
られなくて申し訳ないと言う姿勢で紹介状を記載してくれて、雲泥の差でした。

B衛医大で問診を受けた時は、何でこんなになる迄我慢してたのって、苦笑いされましたw
執刀してくれた先生は、海外からも見学に来るくらいのそれなりに名の通った先生だと言う
事と、文献も執筆されている事も後日談で知りましたw


> 何だかんだで、何年も痛みを我慢するより持病がない若いうちに
> 手術できて良かったですね。

仰る通りで、手術中骨の脆さが気になったから、骨密度を測定する様に言われたので測定
した結果、骨粗鬆症の一歩手前だったみたいで、もうちょい遅かったら、手遅れになって
いたかもしれません。
自分の事が更に理解って、生活改善を務める良いきっかけを与えてくれたと思います。

> リハビリ大変でしょうが、無理のないよう頑張ってください。

リハビリと言っても、飛ぶ跳ねる持ち上げるの重労働を3ヶ月しない以外は、積極的に
行動して下さいとの事で、痛みも特に無いので、苦痛に感じる事は、ほぼありません。
こんなに早く日常生活を送れるくらいになるとは、良い意味で想定外でしたw

痛みがないと言うのは、得てしてオーバーロードを起こし勝ちになるので、肝に銘じて
無理の無い様に、日々努めていきます。

返事有難う御座いました。
とあるネタな人 #-|2013/04/24(水) 18:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jinnseihakaeru.blog97.fc2.com/tb.php/759-863dbc0f

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 

最新コメント 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。