看護師がヘタクソな絵日記やマンガを描いたり、愚痴ったり…。

プロフィール 

ぬま×ぬま

Author:ぬま×ぬま
性別:女
血液型:B型
元看護師。
現在ニート。

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ポチっとな 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ 人気ブログランキングへ

最新記事 

カテゴリ 

検索フォーム 

最新トラックバック 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

黄金色の水菓子

この前の夜勤での出来事。

安静のため、
車椅子でトイレに行かなければいけない
おばあちゃんA。
物音がしたので部屋に行くと、
酸素マスクとHRモニターをはずし、
ナースコールを押さないで
トイレに行こうとしている姿を発見。

私「Aさん。トイレ行くときはナースコール
  してくださいって言いましたよね」

A「あぁ、ごめんよ」

車椅子でトイレまで介助。
ベッドへ戻る。

私「次はきちんと呼んで下さいね。
  あと、酸素マスクとモニターは
  勝手にはずしちゃダメですよ」

A「ごめん、ごめん。
  今回はコレで許して」

と、私の右手に何か握らせてきた。

ミカンだ。

私「いや、いらない。
  はずさないでナースコールしてくれれば
  いいから」

A「いや、悪かった。
  とりあえず今回はコレで見逃して」

私「・・・・・・」

正直、本気でいらなかった。
そもそも、そのミカンは夕飯に出たヤツだ。
とりあえず、ポケットに入れるふりをして
そっと本人のオーバーテーブルに戻した。
消灯後で暗かったので分からないだろうと
思い、そのまま立ち去ろうとしたら、

A「お姉ちゃん、お姉ちゃん!!」

私「声がでかい、何ですか?」

A「コレ、忘れてるよ」

そう言うと、笑顔でミカンを握らせてきた。

私「いらないよ」

A「いいから、ミカン食べなって。美味しいから」

私「・・・分かったよ!!ありがとう。おやすみっ」

とりあえず、貰っておいた。
そして、食べた。

次の日。
A「お姉ちゃん。ミカン美味しかったかい?」

私「・・・甘かった」

ちなみに。
ミカンを渡してきたけど、その後も
外し放題、歩き放題だった。

お主も悪よのぉ。
本当に悪よのぉ。。。
スポンサーサイト
2013/12/02 23:47|日記:黒い看護師TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jinnseihakaeru.blog97.fc2.com/tb.php/893-48778dcb

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 

最新コメント 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。