看護師がヘタクソな絵日記やマンガを描いたり、愚痴ったり…。

プロフィール 

ぬま×ぬま

Author:ぬま×ぬま
性別:女
血液型:B型
元看護師。
現在ニート。

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ポチっとな 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ 人気ブログランキングへ

最新記事 

カテゴリ 

検索フォーム 

最新トラックバック 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

2013名古屋・伊勢旅行 3日目 伊勢神宮編その3

伊勢神宮・内宮へ。
宇治橋を渡っていきます。
2013伊勢旅行:伊勢神宮内宮
THE★逆光!!

伊勢神宮・内宮は
皇大神宮といいます。

御祭神は国家の最高神、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。

宇治橋を渡って右に進んでいきます。
右手に手水舎があるのですが、
そこをスルーして五十鈴川御手洗場へ。
2013伊勢旅行:伊勢神宮内宮 五十鈴川
昔はここで手を清めていたそうです。
天気が良ければ、ここで手と口を清めましょう。
12月の川の水は冷たかった。

正宮に行く間に別宮や所管社(しょかんしゃ)
を参拝します。

所管社は、正宮>別宮>摂社>末社以外の神社のことです。
御手洗場のすぐにあるのが
瀧祭神(たきまつりのかみ)です。

社殿を持たない神社。
所管社ですが、内宮鎮座地を象徴する
五十鈴川の水神が祭神のため、
別宮と同様の祭祀が執行されるそうです。

三重県産の清酒が納められてました。
飲んべえの友人は大喜び☆


さらに進むと左手に神楽殿、
右手側に進んでいくと
別宮の風日祈宮(かざひのみのみや)。

祭神は外宮の別宮の風宮と同じ
級長津彦命・級長戸辺命
(しなつひこのみこと、しなとべのみこと)です。

神楽殿まで戻り進んでいくと
左手側に所管社の
御稲御倉(みしねのみくら、ごとうのみくら)です。

御倉のイネは内宮の祭祀に合わせて取り出され、
大御饌(供物)として天照大神に捧げられます。
稲入れとく倉です。
祭神は御稲御倉神(みしねのみくらのかみ)。

外幣殿。

古神宝類が納めてあります。

別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)。

祭神は天照坐皇大御神荒御魂
(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)。

正宮。
2013伊勢旅行:伊勢神宮内宮2

古い方。


一応、両方映るように頑張ったけど…

上手く撮れなかった。。。

平日ですが、そこそこ人がいます。

つづく。
スポンサーサイト
2014/02/02 16:03|日記:旅行TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jinnseihakaeru.blog97.fc2.com/tb.php/926-eb5ecaee

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 

最新コメント 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。