看護師がヘタクソな絵日記やマンガを描いたり、愚痴ったり…。

プロフィール 

ぬま×ぬま

Author:ぬま×ぬま
性別:女
血液型:B型
元看護師。
現在ニート。

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ポチっとな 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ 人気ブログランキングへ

最新記事 

カテゴリ 

検索フォーム 

最新トラックバック 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

南米旅行記:ペルー クスコ編

4日目の予定はこんな感じ。

2/11 4日目:ウユニ発→ラパス着
      ラパス発→クスコ着 
      クスコ市内と近郊4大遺跡観光
      クスコ発(専用車)オリャンタイタンボ着/発(展望列車)
      マチュピチュ着


ウユニから飛行機でラパスへ戻ります。
ラパス到着して、残念な事が判明!!
私達はしおりに書いていた通り、
大きな荷物などはラパスのホテルに預けていたのです。
しかし、ラパス到着後ホテルに戻る時間はない。
1泊2日の荷物しか持たない私達。
アホな事した…

いや、私達もホテルに預ける時
回収方法が書いていなかったから
どうするのかなぁとは思ったけど、
しおりに書いてあるからさ。
従ったまでのことなんだが、
やっぱ怪しいと思った時は確認ですね。
空港にでも勝手に送られるのかなぁなんて
甘く考えていたのですよ。


この失敗に気づかせてくれたのは、
同じ個人ツアーの方でした。
ウユニに出発する時は、同じツアーだとは
知らなかったのですが話をしてみたら
同じツアー会社からの申し込みとのこと。
ただ、個人旅行だったのでツアー内容は同じでも
一緒に行動する訳ではないもんでねぇ。。。
やっぱ、コミュニケーションって大事。
情報交換、共有ですよ。
この方達は新婚さん達だったのですが、
バウチャーの存在を知らなかったようなので
伝えておきました。
ちなみにウユニ塩湖でのホテルは塩のホテルではなく
小汚いホテルで寝返りの旅にギシギシするなど、
古かったようです。

まあ、荷物を失くした訳ではないので
このままクスコに向かいます。
クスコは日本語ガイドなので、
相談して考えましょう。

ってことで。
クスコに着いて早々にガイドに上記を報告。
とりあえず荷物は大丈夫とのこと。
しかも、しおりに荷物はホテルに預けると
明記されていたため特にお金もかからないとな。
じゃあ、いいわ。
パンツは大事な布だから多めに持っているし♪

ってことで、ちょっくらクスコを説明。

クスコは、11~12世紀頃に建設。
太陽神を崇拝するインカ帝国の中心地として栄えました。
クスコはケチュア語で「ヘソ」を意味し、人々が集まる、
世界の中心地とされていたそうです。
16世紀にスペイン人の征服。
その為、建造物にはインカ時代の精巧な礎石の石組みと、
スペインの建築物が融合した街です。


ちなみに礎石(そせき)とは、
建造物の土台となって柱などを支える石のことです。
つまり、礎(いしずえ)。
ボリビア・ペルー旅行:クスコ 精巧な礎石
綺麗な石組みですねぇ。
日本の石垣とは違って、超真っ直ぐ。

ってことクスコ市内観光です。
次回サント・ドミンゴ教会編。
スポンサーサイト
2014/04/26 23:45|日記:旅行TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jinnseihakaeru.blog97.fc2.com/tb.php/970-c4cfd641

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 

最新コメント 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。